中東でのビジネス成功の鍵とは? Part 1

2011/11/29 Tuesday
Nick Leighton, NettResults
中東とドバイの発展
dubai 中東には多くの固定観念と神話があります。実際に中東でビジネスを展開する前に、企業文化、ビジネスマナー、打ち合わせの礼儀や交渉テクニックなどを学ぶことは不可欠です。そうした知識を通じて、固定観念を打破し、コミュニケーションの障壁を減らすことができるのです。

中東でビジネスを行う際は、地域ごとの多様性を考慮することも大切ですが、広大な全域に共通する宗教や言語、そして文化があり、特徴をもたらしていることも心に留めておくべきでしょう。

ドバイは、最先端のインフラと世界クラスのビジネス環境を持つ商業の中心地です。今日ではユニークで包括的な付加価値プラットフォームを投資家達に提供する、中東でビジネスを行うための重要な拠点となっています。

戦略的な立地、税金のない暮らしと安定した強い経済見通しにより、ドバイは中央アジア、中東、アフリカ、インド半島および東地中海の市場をターゲットとした多国籍企業の拠点として最適な環境です。これらの領域は20億人の人口と6兆7000億USドルの合計GDPを抱えています。

140以上の都市へのアクセスを可能にする最先端の空港により、ドバイは人気の観光地であり、スキルを持った多くの専門家が集まる場所となっています。メディア、金融、医療機関拠点としての強力な経済クラスターは、ドバイでのビジネスをより魅力的なものにしているのです。


ビジネスチャンス
もし、中東でのビジネスを成功させたいと思っているのなら、この広大な地域での物流課題を検討しなければなりません。裕福なGCC(アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタール、クウェート、バーレーンとオマーン湾協力国)でさえ、流通システムと小売チェーンはまだ発展途上です。

サプライチェーン管理をはじめ、優秀な人材の確保、訓練、維持は当面の課題です。アラビア製品の品質について国内外での監査は強まっており、いくつかのビジネス慣行について国際基準の観点から疑問視する声が聞かれます。その証拠に、中東の大手貿易会社トップ5が、2010年の腐敗認識指数ランキングのトップ50(178企業中)にランクインしています。

多くの出版物で、中東における、仕事上のコネや国や地方の政府関係者とのつながりの重要性について書かれています。アラビア語で“コネ”を意味する“wasfa”は、今ではテクノロジーや強力なブランディングとマーケティング、そして地域社会とメディアとの良好な関係作りなどと同様、一つの成功要素にすぎないのですが、政府とビジネスのコネクションが重要なのは事実です。